グラウス掲示板(会員専用)



191件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[198] さわやかな秋晴れ三ッ峠

投稿者: ちょう 投稿日:2017年 9月22日(金)14時55分14秒   通報

三ッ峠クライミングに行ってきました。右フェイスのT字クラックから天狗の踊り場までマルチの練習。天狗の踊り場からは眺めは素晴らしかった。懸垂下降後はアブミの練習をして、さわやかな秋晴れの一日を楽しみました。この日は三ッ峠岩場に初めて来た松本の大学生一組だけでした。



[197] 秋の花

投稿者: ヤス 投稿日:2017年 9月21日(木)21時23分40秒   通報

丹沢山に台風の影響を見に行きました。何本か倒木はありましたが、大きな被害はなかったようです。塔ヶ岳の手前にリンドウが咲いていました。リュウノウギクと共に、秋の終わりに咲く花です。大倉尾根にはホトトギスなども咲いていました。



[196] 2017ハイキング学校

投稿者: yoko2 投稿日:2017年 9月18日(月)21時25分14秒   通報

台風18号が近づく中、越後湯沢で日本勤労者山岳連盟・ハイキング委員会主催の「2017ハイキング学校」に参加してきました。遠く広島や倉敷からの労山会員も含め25名の受講者と6名のハイキング委員、外部講師として「登山時報」でお馴染みの宮内佐季子さんの読図講習。安全確保のための実技・リーダーのあり方。また労山内での事故事例では心疾患・脳疾患、うっかり事故も含め他人ごとではなく、気を付けなくてはと再認識しました。更に受講者の皆さん、各所属会ではバリバリと活躍している方ばかりの様子で如何に会員数を増やして行ったかの取り組み方に関しては参考になる話が伺えました。



[195] 尾瀬 大薙沢左俣・右俣下降

投稿者: 沢ヤカ男 投稿日:2017年 9月17日(日)21時45分35秒   通報    編集済

2017年9月16日
集中山行で計画した、南ア小仙丈沢は台風のため中止。天候が持ちそうな一粒で二度美味しい尾瀬の沢に急遽転進する。入渓直後の滝を越すと、二俣まで変化に乏しい渓相となるが、原始の姿が残る森を甘露水がヒタヒタと流れ、心癒されます。左俣に進路を取るとコケと深い森に美しいスラブ滝がいくつも懸かかり稜線に導かれます。四郎峠から下降した右俣は黄土食のナメが「これでもか」と続く下降向きの沢でした。折角の三連休。下山後秘密の小屋に寄り道し翌日帰京。地元産の野菜とトンカツ、りんごは絶品でした。

https://ameblo.jp/9000224/entry-12311612704.html



[193] 梵天尾根で両神山

投稿者: 鈴木次女  投稿日:2017年 9月16日(土)13時14分55秒   通報

赤岩尾根に行くはずでしたが、雁掛トンネルが通行止め(落盤の為)で、中双里から梵天尾根で両神山ピストンに転進しました。梵天尾根はきちんと整備されていますが、1、2ヶ所分かりにくく、人もあまり入っていない感じです。何より、アップダウンがあって、長いです。



[192] 苗場山から赤湯温泉へ

投稿者: yoko2 投稿日:2017年 9月12日(火)12時25分23秒   通報

苗場山から一度は訪れてみたかった秘湯・赤湯温泉へと歩いてきました。和田小屋泊で美味しい食事&前夜祭と入浴後翌朝は4:30発。苗場山山頂は良く晴れ渡りいくつもの池塘がキラキラと輝いていました。赤湯温泉までの昌次新道は赤湯温泉初代経営者の名前とか。しっかりと登山道の手入れ・草刈もしてあるものの、足場の良くない急下降や珍しいオオシラヒゲソウの群生などで足を止めることしばしば。10時間越えの行動時間で辿り着いた赤湯温泉は河原に立つ3つの源泉からなる露天風呂で夜間はヘッデンなしでは真っ暗。小屋の4代目おやじとなるであろう若者の手作りの食事を美味しくいただき、沢の流れを聞きながら気持ち良く眠りました。今回の山行は越後湯沢駅前のヘギ蕎麦から、帰路のうどんすきまで、とても楽しい+美味しいグルメ山行でした。



[191] 小川山岩トレ

投稿者: K子 投稿日:2017年 9月11日(月)21時57分20秒   通報

久しぶりに天気に恵まれた週末、小川山デビューしてきました。噂に聞いていた小川山のスラブの洗礼を受け一度は心が折れましたが先輩方の指導のもと、トップロープで何とか登れるようになりました。2日目には妹岩の愛情物語でクラック入門とマラ岩で素晴らしい景色を堪能しました。夜はOさん丹精のナスとピーマンを使った美味しいアウトドア料理に焚き火を見ながらのお酒と楽しみが尽きませんでした。今回の岩トレで収穫盛り沢山、課題もあり次回が楽しみです!



[190] 丹沢 葛葉川本谷にて女子会

投稿者: ま*さ* 投稿日:2017年 9月11日(月)19時38分23秒   通報

昨年始めて沢登りをした葛葉川本谷に再び、鈴木姉妹(長女、次女)とやって来ました。
去年はいっぱいいっぱいで、本当に大変でした。
今回も、大変なのは変わらないですが、ホンノ少し余裕ごできたのか、とても楽しめました。
リーダーの鈴木長女のもと、滝は鈴木次女にリードしてもらいましたが、終始先頭で歩かせてもらい勉強になるも、ぐったり疲れました。
1年半の沢登りをして、ますます沢が好きになっています。
...下山後の反省会は、小田急線の延焼事故を言い訳に、5時間にもわたり...帰りの電車では、北岳帰りの鈴木三女にも会って盛りだくさんでした。



[189] 北岳 嶺朋ルートを下降

投稿者: とっしー  投稿日:2017年 9月11日(月)17時59分8秒   通報

肩の小屋でテント泊をした翌日、北岳に登り、八本歯の頭、ボーコンの頭を通って、嶺朋ルートで広河原まで下降。1日目は快晴、2日目も9時過ぎにガスが切れ始め、まずまずの景色を楽しめた。
嶺朋ルートは、長く、急坂で少し辛いところもあったが、迫力ある北岳バットレスや鳳凰三山の景色、南アルプスらしい苔むした景色を堪能できる素敵なルートでした!また、今回はボーコンの頭を過ぎたあたりで雷鳥に出会えたのも思い出のひとつ。



[188] 表銀座縦走から槍ヶ岳へ

投稿者: yoko2 投稿日:2017年 9月 7日(木)18時19分17秒   通報

中房温泉から入山し、急登の合戦尾根~大天井岳~西岳~槍ヶ岳~上高地と北アルプスの人気の王道をぐるっと歩いてきました。合戦尾根はさすが人気のハイキングコースで沢山の登山者にすれ違いながら、燕山荘で先ず1泊。その後は今回の目標の一つ表銀座縦走、白ザレの登山道斜面にはまだたくさんのコマクサが群生し、更にあちこちに夏の終わりを告げるお花畑が。。。上り詰めた大天井岳(2922m)からは360度の北アルプスの展望と遠く富士山も眺められて1時間以上もの休憩。大天荘の前庭では雷鳥のファミリー&ホシガラス、イワヒバリまでが歓迎してくれたようです。彼らに別れを告げて喜作新道からヒュッテ西岳で2泊目。西岳頂上からは穂高連峰・涸沢カールの残雪、槍ヶ岳から高瀬ダム、後立山連峰とこれまた素晴らしい眺望。3日目はヒュッテ西岳より朝焼けとご来光を拝んで、いよいよ槍ヶ岳を目指して早朝発。ハシゴやクサリ場の続く東鎌尾根の水俣乗越では5年ほど前、北鎌尾根を目指しながら敗退してしまったルートを目で追いながらちょっと感慨に浸り、後は青空をバックに聳え立つ槍ヶ岳へ登り詰めました。平日ながら記念撮影とハシゴ・岩場の渋滞があったものの、順調にクリア。翌日天候が崩れる予報のため、ヒュッテ大槍でワインで乾杯!の計画を変更して一気に横尾山荘まで下山してお風呂に入り暖かい布団で3泊目。4日目にして朝からの降雨に濡れながら上高地に下山しました。今回は女性二人だけの3泊4日の小屋泊の縦走でしたが、ほとんどを素泊まり・自炊とし、それでも荷物は軽量化して良く登り、良く下りました。素晴らしい天候と眺望に恵まれ、予想以上に咲き競う晩夏のお花畑、山中で出会った他のパーティーの方々との会話等々、思い出に残る山行となりました。


191件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.