teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お知らせ

 投稿者:TAN  投稿日:2017年 6月12日(月)08時26分31秒
  ベースの話、いろいろ考えることがありますね。
若い頃の思い出が、色あせずに思い出されますね。

さて、次回同窓会まで半年を切りました。
前回の同窓会で「次回は京都で・・・」との声が上がりましたが、事務局の我が家の事情で「名古屋開催」が必須条件になってしましました。
前回と同じようなホテルでの開催になります。
本日、仮押さえの手配をしようと思いますが、了解して頂きますよう、よろしくお願いします。
7月か8月に先方との打ち合わせをして、9月末か10月上旬にはご案内できると思います。
決定したことは、随時HPとこの掲示板でお知らせしますので、よろしくお願いします。

http://nszw2438tan.web.fc2.com/index.html

 
 

ベース

 投稿者:ながし  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時49分53秒
  僕は、社会人になってから、ドンキー、泰生、アキ等とバンドを作りました。その時、僕はウッドベースを購入しました。しかし、メンバーの帰郷と共に解散し、タコを経由してはらっぱに格安で譲った経緯があります。この話がどう繋がるかわかりませんが、報告いたします。  

報告感謝します

 投稿者:だんいん  投稿日:2017年 4月26日(水)13時22分45秒
  イトウさん始めまして。 イトウさんとはらっぱとの曲を通じての出逢いから、サークルボックの後始末とベースの顛末まで、一言一句を
感慨深く拝見しました。
はらっぱにとってベースは象徴的存在であったと認識しておりますので、今も弾き継がれているお話はとりわけ嬉しく思います。
詳細なご報告、改めて感謝いたします。
 

ありがとうございます

 投稿者:TAN  投稿日:2017年 4月26日(水)09時21分7秒
編集済
  イトウさん>
詳細なお知らせ、ありがとうございます。
最後までサークルボックスの残っていたのは、OBが寄贈した4代目のウッドベースだと思われます。
そうですか。今でも現役で頑張っているんですね。

あのサークルボックスには、私たちのいろいろな思い出が詰まっていました。
日頃の運営会議、コンパの時の仮眠所、歌集作成時の修羅場、そして、サークル員が交通事故で亡くなった一周忌の法要…。
歌詞カードや余った歌集、写真やテープ…いろんなものが残されていたでしょうね。
今手元にあれば貴重な資料なのですが、それが残念です。

私も一時ベースを担当していました。
私が手にしたのは三代目のベースでした。
すぐに“跡継ぎ”ができたので、私が弾いていたのはほんのしばらくでした。
当のベースは、その“跡継ぎ”が社会人になってから購入したものだと思います。
当人から「はらっぱに寄贈した」と聞いたことがあります。

今回の イトウさん からの投稿、コピーして「はらっぱ四方山話」に掲載させていただきます。
また、現在の持ち主の方の演奏会が12月にあるとのこと。
今回の同窓会も12月9日(土)の予定。
また、そのあたりで個人的な予定も入るので実際に演奏会を聞きに行けるかどうかはわかりませんが、詳細がわかったらぜひお知らせください。
よろしくお願いします。

http://nszw2438tan.web.fc2.com/index.html

 

ウッドベースについて

 投稿者:イトウ  投稿日:2017年 4月25日(火)22時58分17秒
  前略

 はじめまして、私は91年入学95年卒業のイトウと申します。

 「同朋大はらっぱ」卒業生の皆様が、このように今でも交流を持たれていることをインターネット上で偶然お見掛けし、「同朋大学はらっぱ」のウッドベースについて、皆さまにお伝えしたく筆を執りました。

 私は91年の入学で、当時すでに「はらっぱ」はサークルとして存在していませんでした。しかし、使われていたサークルボックスは91年まで開かずの間としてそのまま残されていました。私が入学したばかりの91年の4月か5月の頃と記憶していますが、別のサークルが使うことになり、学生会の方々が片づけをしたところ、歌詞カードなどの冊子と二本のギターと一本のウッドベースが出てきました。

 ギターのうち、一本はギブソンのハミングバードのレプリカで状態が良く、学生会の先輩が引き取ることになりました。もう一本は、アリアプロかヤマハの普通のアコギで、あまり状態が良くなく、そのまま廃棄になりました。

そして、ウッドベースですが、そのまま廃棄になってしまうとのことだったので、私が持って帰りました。当時、春日井市から電車で通学していましたので、ウッドベースを運ぶのは大変でした。学校から地下鉄中村公園の駅まで、抱きかかえて徒歩で歩き。改札はそのままでは通らず、ウッドベースのウエスト部分を肩に担いでクリアしました。春日井駅から自宅までは、また徒歩で1時間以上かけて担いで歩きました。若い体が翌日、ひどい筋肉痛になったことを覚えています。

さて、ウッドベースですが、布のケースは色あせてボロボロになっていたものの、本体はかなり良い状態でした。布肩の部分に何かをぶつけて開いてしまったような穴があるものの、分厚い板で作られているため、その程度では演奏には支障はありませんでした。ギター用のポリッシュで丁寧に磨き上げると、新品とは言えないものの、かなりきれいな状態になりました。

最初のうちは物珍しくて弾いたりしていたのですが、牛一頭分ぐらいのスペースを取るので持て余してしまい、知り合いの知り合いに引き取っていただきました。

、今日、偶然このホームページを見つけて、ウッドベースのことを思い出し、引き取っていただいた方にウッドベースのその後について問い合わせてみたところ、今でも大事に演奏されていることがわかりました。楽器は生き物ですから、常に手をかけていないと、すぐにダメになってしまいます。私の手元にいたのは5年間ほどで、私の手を離れてからもう20年以上が経過していますが、いまだに現役として活躍していると聞き、感動しました。

引き取っていただいた方は、春日井市のギターオーケストラのマスターをされている方です。引き取っていただいたものの、そちらでもしばらく演奏の機会はなく、そのまま保管のみしていたそうです。ウッドベースの弦はとても太く、張力も相当強く、そのままにしておいたため、壊れてしまったそうです。壊れて演奏できなくなってしまったウッドベースを、その方のお知り合いの若い男性が、興味を持ち、引き取ってくださり、ウッドベースなど引いたこともない方なのに、自分で直してしまったとのことです。その後、独学でウッドベースの演奏を学び、今では天才的なプレーヤーとして、あちこちで演奏なさっているとのことです。

「はらっぱ」の皆さんが同窓会をしていると知り、その場でそのウッドベースをご披露することができたら、きっと喜んでいただけるのではないかと思い、打診しましたが、片時も楽器と離れたくないとのこと、そして12月は定期演奏会があるため、レッスン等でフル活動しているのでとてもご期待には沿えないとのことでした。ぜひ、みなさんには演奏会に来ていただき、その雄姿をご覧いただけたらともおっしゃっていましたので、詳細についてはまたご連絡させていただきます。

さて、私が、入学当時にすでに存在していなかった「はらっぱ」を、なぜ知っていたかということも、書いておきます。私は、子どものころから「愛知少年少女センター」の少年団活動に参加していました。夏はキャンプ、冬はゆきまつり、そのほかのシーズンも様々な遊びを通じて、仲間づくりをしていくという活動です。そこで、歌を日常的に歌っていたのですが、歌う歌の中にはらっぱの「光れ君の眼」や日社大「大空」ホイホイの「君よ心の舵をとれ」がありました。歌集に「同朋大はらっぱ」と書かれていたので、その名前を記憶していたのです。

開かずの間から出てきた楽器が「はらっぱ」の物だとわかってたのは私だけだったと思います。

偶然、「はらっぱ」を知っている私が、ボックスの片づけに居合わせたこと。
偶然、ギターオーケストラのマスターに引き取っていただけたこと。
偶然、壊れたウッドベースに興味を持った男の子がいたこと。
偶然、その男の子が天才だったこと。
いくつもの偶然が重なって、皆さんの愛したウッドベースは、最高の状態で生きているということを、お伝えさせていただきたいと思います。

そして、私が「同朋大はらっぱ」のホームページを見つけたのも、偶然です。あまりに数奇なめぐりあわせに、少々興奮気味で書きなぐりましたので、長文、乱筆になりました。最後までお読みいただきありがとうございました。

これも何かのご縁です。どこかでお会いできますよう。

草々
 

大学祭

 投稿者:TAN  投稿日:2017年 2月19日(日)10時00分14秒
  我々の時代は、歌声喫茶でしたね。
学食のおばちゃんたちが来てくれて盛り上がった覚えが・・・。
コンサートも企画したけれど、なかなか人が集まらなくて・・・。
「“はらっぱ”はみんなの中で歌ってなんぼ」を実感したのでした。

ママさんからは、何年か前に案内不要の意思表示があり、連絡を取っていません。
元気だとは思うのですが、不明です。
マル君は、先日電話をもらい、今は実家にいて元気にしているようです。

私的なことで年末からバタバタして、ネットにアクションするのが気分的にしんどくなっています。
リアクションが遅くなってしまいすみませんが、もう少しこの状態が続くと思います。
気長に付き合ってください。
よろしくお願いします。

http://nszw2438tan.web.fc2.com/index.html

 

(無題)

 投稿者:げそ  投稿日:2017年 2月15日(水)13時07分4秒
  僕がはらっぱにはいったのは、2学年上の先輩、ママさんの勧誘によるものでした、最初は僕は歌がへただからと断ったのですが、いつのまにかみんなで輪になっていっしょにうたうようになってました。はらっぱでは、もう亡くなられたのめさん、何時も飲みに連れていってくれた丸さんなど優しい先輩に恵まれとても楽しいサークル活動でした。ママさんには2回参加した同窓会でもおあいできませでしたが、お元気でしょうか?  

大学祭

 投稿者:げそ  投稿日:2017年 2月 1日(水)13時05分6秒
  先日、ふと学生時代の大学祭の事を思い出しました。僕らの頃は、はらっぱからは、教室ではうたごえ喫茶、豚汁屋 中庭では焼き鳥とビール、綿菓子を出店しました。とても楽しい思い出です。先輩の時は何をしたのでしょうか?  

12月になります

 投稿者:TAN  投稿日:2016年11月29日(火)11時11分23秒
編集済
  次回の同窓会予定は、2017年12月9日。
いよいよあと1年となります。

前回の同窓会で「次回は京都で・・・」の声がありました。
この間、EKOとともにいろいろ考えてきました。
候補もいくつか考えられるのですが、ネックになるのが「世界的観光地・京都」ということ。
会場だけを抑えたのでは、参加する方の宿泊場所が確保しにくいのではないかということ。
時期的にぎりぎり紅葉の時期は終わっているのですが・・・。
で、下記の提案です。

<1>京都で宿泊が確保できる会場で開催
 すでに会場に打診済。20人分(5名×4部屋)の宿泊確保は可能です。経費的には、宿泊代も含めて一人¥15000-ぐらい。駅から近いのですが、宿泊は相部屋になります。無料駐車場に限りがあるので、止められなかった方は周辺のコインパーキングに実費で駐車して頂くことになります。

<2>京都近辺のキャンプ場での開催
 経費的には安いのですが(一人¥8000-ぐらい?)、駅から遠い!しかも、駅からの足の確保が難しい。決まった時間に来てもらい、車で来た方に送迎をお願いしなければなりません(所要時間片道30分ぐらい)。食事などの用意もこちらでする必要があります。

<3>前回同様 名古屋での開催
 地元の方が多いので、一番参加者が集まると思います。前回の場所なら、こちらも勝手がわかっているので手配しやすいです。

いろいろな条件を考慮するとこの3案が考えられます。
参加人数のことを思えば名古屋開催が順当かと思いますが、皆さんはいかがお考えでしょうか?
大体、予約は半年前。
それまでに皆さんのご意見をお聞かせください。

http://nszw2438tan.web.fc2.com/index.html

 

おそくなりました

 投稿者:TAN  投稿日:2016年10月14日(金)06時51分11秒
  げそ君>
リアクションが遅くなりました。

数年前の年賀状で病気になられてことを知りました。
状況もわからず、お見舞いにも行けず、ずっと気にしていました。
「一緒に歌いたい」という思いはずっとありました。
今もそれは変わりません。
きっと同じ思いを持っている人もいると思います。
「歌えない」は機能的なことだけで、げそ君の心の中は“唄”が渦巻いているのではないでしょうか?
「ギター1本持って歌いに行こうか」なんてことも思っています。
今後の送付先のこともあるので、できればHPのメールから今の連絡先を知らせてもらえればと思います。
本当に“可能なら”で結構です。
“はらっぱ”の唄でつながった仲間です。
今後ともよろしくお願いします。

http://nszw2438tan.web.fc2.com/index.html

 

レンタル掲示板
/25