<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [1093]
  • 思い出

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2013年 7月18日(木)02時46分44秒
 
昔のことですが。
2003~2006年、福岡油山付近、形状はっきりと思い出せない、写真動画無し
部活の帰り道でした。一人歩いていると視界の端に(右上、高度10Mほど?)飛んでいる何かを捕らえました。
鳥が羽を広げているように見えたのですが違和感を覚え注視しました。
鳥の羽のように見えたのは飛行物体の下部だったと記憶しています。私の進行方向と同じ方向にゆっくりと進むそれを私は何十メートルか追いかけました。ごく低速で飛んでいるにも関わらずフラつきが一切なく、音もしていなかったと思います。
その物体だけが物理現象から切り離されているように感じたのを覚えています。
UFOはしばらくして民家を超えていき視界から消えました。
それから、家族や友人にUFOを見たと話してみましたが嘘つきと思われるか頭を心配されるか。
数日経つと自分でもあれが現実だったのか怪しくなってしまい、今では記憶も曖昧になってしまいました。
今、思い返すとちょうど同じ時期に西方沖地震が起きたんです。前後覚えてませんが。何か意味があったんでしょうか。