グラウス掲示板(会員専用)

            グラウス会員の活動を紹介する会員限定の掲示板です。


【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


826件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[921] アマギシャクナゲと富士山を楽しんできました

投稿者: カトリーナ  投稿日:2022年 5月17日(火)11時38分42秒   通報

5/3から1泊2日で、伊豆半島のアマギシャクナゲの南限地と言われる長九郎山でアマギシャクナゲを楽しんできました。
帰りの混雑を避けたいので、グーグル先生のご指示により箱根ターンパイクを走ったところ、
何と、素晴らしい夕暮れのを富士山が!

http://machida-grouse.com/



[920] 百花繚乱、雪解けの大佐渡山地

投稿者: yoko2 投稿日:2022年 5月12日(木)21時00分10秒   通報

GW最終日から3泊4日で雪解けの佐渡ヶ島、アオネバ登山口よりドンデン山荘~金北山を歩いてきました。
雲一つない青空の元、縦走路からは眼下に両津港と加茂湖、海を隔てて新潟の街並みの後ろには鳥海山、飯豊連峰、越後の山を遠望。
そして佐渡は全山がお花畑、次々と咲き競ういろとりどりの花々に感嘆の声をあげてなかなか前へ進むことが出来ませんでした。
ピンクや青紫のオオミスミソウ、青や真白なキクザキイチゲ、オオイワカガミ、ザゼンソウにミズバショウ、サンカヨウにエンレイソウ、カタクリやシラネアオイは次から次へと足元にも山中にも・・・感動の連続でした。
金北山直下は急斜面の雪稜歩きとなり、3点支持の場面も現れちょっぴり緊張も。それでも時間に余裕を持った計画でしたので安全に楽しく予定通りに歩き通すことが出来ました。海の幸もとても美味しかったです。



[919] 丹沢・大山

投稿者: ヤス 投稿日:2022年 4月15日(金)07時02分45秒   通報    編集済

大山山頂の整備は3月中には完成する予定でした。なので4月13日に行ってみましたが未完成でした。 キクザキイチゲの群生地は荒れたままでした。ですが、その近くには何株かが咲いていました。山頂から東に下った場所にはシコクスミレが咲きます。白い花は確認しましたが、葉が展開していなかったので同定できませんでした。10丁目付近では、同じように白い花が咲くケマルバスミレが目立ちました。葉に毛が多いので、白クマちゃんの愛称で呼んでいます。柏木林道には、カントウミヤマカタバミなどの花が咲いていました。 4月16日には新東名が秦野まで開通します。登山者も多くなりそうです。



[918] お花見

投稿者: ヤス 投稿日:2022年 4月12日(火)18時42分53秒   通報

下界では、ソメイヨシノの花見が当たり前です。ですが山ではそれ以外のサクラも咲きますね。丹沢・岳の台ではマメザクラが見頃でした。ヤマザクラ同様、実生で増えるので個体差もあります。白っぽいものから赤みの強いものまで色々。岳の台や大山に咲くキクザキイチゲは白いものばかりです。ですが、箱根には薄紫や薄桃色の花(花弁ではなく萼のようです。)もあります。大涌谷の散策路が歩けるようになったようです。ハイキングコースも歩けるようになったら行きたいです。



[917] 残雪期の武奈ヶ岳  

投稿者: yoko2 投稿日:2022年 4月 2日(土)20時26分57秒   通報

3/30鳥取より移動して琵琶湖西岸・比良山系の〈武奈ヶ岳1214m〉にも挑戦してきました。こちらは標高850mくらいまでは雪も無く植林の急勾配につけられた登山道を喘ぎながら進み、御殿山近くからは真っ白な雪原や雪稜歩きを楽しみました。午前6時には歩き始めているので下山開始するまでは他の登山者に出会う事もない、静かな残雪の春山を堪能できました。



[916] 残雪期の氷ノ山

投稿者: yoko2 投稿日:2022年 4月 2日(土)13時23分55秒   通報

3/29西日本一の豪雪の山と言われる〈氷ノ山〉を歩いてきました。地元の人からは「今年は特に雪が多かったから大変だよ」と何度も言われました。雪ですっぽりと埋まった夏道は全く分からない。地図を読むだけではなく、周囲の地形を確認しながら目指すポイントまで進みます。「え~?この尾根を登るんですか?よし、頑張ります!」と気持ちよく、滑落しないように雪稜登攀しました。良く締まった’THE春山’は歩きやすく持参したワカンは使用せずに済みましたが、氷ノ山頂上は強風で長くは居られません。日本海・雪を被った大山を確認後、往路を戻りました。山スキーのメッカとのことでスキー板を背負った登山者数名には出会ったが、静かな雪山を堪能しました。



[915] 雪中幕営

投稿者: ヤス 投稿日:2022年 3月25日(金)10時10分10秒   通報

上高地・小梨平に雪中幕営二泊。ダンロップV-400とモンベル・ステラリッジ4を張りました。天候にも恵まれて、たっぷりとスノーハイクを楽しみました。ところどころにデブリがあり、雪崩の心配もありましたが、割としまった積雪だったので輪かんの出番はありませんでした。穂高の稜線は雪雲に覆われていましたが、明神がこの季節ならではの姿を見せてくれました。食事はダンロップのテントに5人が集まって食べました。装備を分担したので、一人当たりの荷物を減らすことが出来ました。小梨平は清水川で水を得られます。トイレも完全水洗(昔でいう厠)で、暖房も効いています。 写真の提供は、tadaoさんからです。



[914] 俳句ハイクで〈卒寿〉を祝う

投稿者: yoko2 投稿日:2022年 3月13日(日)15時39分46秒   通報

早春の鎌倉・六国見山を歩きながらの〈俳句・ハイク〉。元会員の方との再会を喜び、更にはお元気なレジェンドの〈卒寿〉満90歳のお誕生日をお祝いしました。
今回のお題は「うめ」。それぞれが季語として「うめ」を入れて1句。その他は自由に。
講師としていらしていただいた元会員の方のアドバイスを受けるとただの「才能ナシ」から「俳句らしい」になるのが不思議です。何本も並んだ山道の木の根っこは〈走り根〉。道端の祠は〈古祠〉。スミレの花は〈茎たち〉など。ただただボーッと歩いているのではなく、何とも新鮮で春を満喫した、楽しい一日でした。



[913] 秩父四阿屋山

投稿者: なると 投稿日:2022年 3月11日(金)21時19分3秒   通報

奥秩父四阿屋山にフクジュソウとセツブンソウを見に行ってきました。フクジュソウは春の陽を受けてピカピカに輝いていました。四阿屋山の頂上直下の鎖・岩場はなかなか大変でしたが、セツブンソウ自生地の斜面一杯に可愛らしく咲く満開の花に癒されました。ルーペで花のつくりをじっくり観察しました。



[912] 大山三峰バリエーション

投稿者: K子 投稿日:2022年 3月 6日(日)13時13分36秒   通報

3月5日(土)春一番の強風の中、大山三峰山へバリエーションルートで行ってきました。
宝尾根ルート→三峰山→惣久経路ルート
行きは分かり易い尾根ルート、冬枯れた今限定の東丹沢山行、樅の大木の群生に魅了されました。途中、急登の岩陰からニホンカモシカがひょっこり、こちらを見てピタッと止まるあの独特の動きをした後に去っていきました。バリエーションルートは下りで道迷いしやすいので慎重に地図とコンパス、地形や植生の変化を確認しながら山行を楽しみながら下山しました。最後のお楽しみの露岩帯を忘れて左側に下りてしまったのがザンネン。バリエーションルートは体力・判断力・読図力が試されます、奥が深いと道の駅清川で酒粕アイスを食べながら反省会をするのでした。


826件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.