グラウス掲示板(会員専用)

            グラウス会員の活動を紹介する会員限定の掲示板です。



772件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[867] 秋の自然を求めて・・・里山歩き

投稿者: いつも青春  投稿日:2021年 9月21日(火)09時17分36秒   通報

台風一過の秋晴れの下、9月20日「自然観察・・・秋花を探して」を目的に、11名で「鶴川駅」9時出発し
「東光寺~高蔵寺~白坂横穴古墳~椙山神社~妙福寺~寺家ふるさと村~四季の家~下三輪玉田谷戸横穴群~三輪ビジターセンター」
終点のコースを最後は「鶴川駅」に戻る路をのんびりと歩きました。
近場でこのような昔の横穴古墳群や里山古道や切通しと自然豊かなコースを色々と想像を逞しくして牧歌な路を爽快な気分で歩きました。
矢張り、巣ごもりな日常から脱して、色彩・風・光・風景・お花の香などを五感で感じる自然に浸るのは他に代えがたいモノを体感させてくれました。
今回は、道中赤・白の彼岸花や実った柿の木、いちじくの木、キュウイ、ぶどうなど秋の味覚を感じる景色もあり最高!
寺家では、棚田は穂を垂れた稲や、既に刈り取った稲穂を「ハサ掛け」している景色も素晴らしく子供の頃を思い出しました。
そこには秋らしくシオカラトンボが飛び交っていて、ここでは何処を切り取っても画になる世界です。
約6時間の歩きで運動不足は解消できたでしょうか?!
又、次回は他のコースで時期を変えて歩いてみたいと思います。お勧めのルートです。



[866] 静寂に包まれた初秋の尾瀬

投稿者: yoko2 投稿日:2021年 9月19日(日)16時34分55秒   通報    編集済

台風14号が南に停滞しているため、想定以上の天候に恵まれた尾瀬ヶ原・尾瀬沼を2日間で周回してきました。
尾瀬ヶ原の池糖ではヒツジグサの紅葉も始まり、ヤマドリゼンマイの群生も風に揺れていました。
燧ケ岳は頂上までスッキリと晴れ渡り、静かに散策をしながら尾瀬小屋に宿泊。小屋では薪ストーブで暖を取りながら若き小屋の主と会話を楽しみました。毎週土曜日は「魔の土曜日」と言われるほど救助要請が集中するとか、ニホンシカの食害により高山植物が激減しているとか、積雪2m越えの除雪とか・・・いろいろと大変そうでした。



[865] 赤牛岳~読売新道

投稿者: yoko2 投稿日:2021年 9月11日(土)11時45分28秒   通報    編集済

 8月末長雨の明けた晴天下、前泊3泊4日で新穂高温泉から鷲羽・水晶経由、赤牛岳~読売新道~黒部ダムへ縦走して来ました。読売新道は5年間、毎年計画を立てながらいろいろな理由で実施できなかったので今年こそは是非行きたかった計画でした。天候に恵まれて(今年の運を全部使いきってしまったような・・・)素晴らしいコンディションの元、長い山行をメンバー3人で歩ききることが出来ました。
 水晶小屋から眺める赤牛岳は大きな赤牛が寝そべったような山容、急峻な下降路が思いやられました。上部は岩稜・ガレ場歩きの連続、そして下るに従いクサリ・ハシゴ等の悪路の連続。しかし天候にも恵まれて北アルプス最奥部の山々を眺めて奥黒部ヒュッテに無事に到着出来てた時にはホッと一息。
 最終日は〈平ノ渡〉の船に乗り黒部湖の左岸へと渡り、またもやハシゴの連続・・・足を滑らしたらタダでは済まないですが、なかなか良いペースで歩き通して黒部ダムへ。コロナ禍のためか観光客が殆どいない黒部ダムはひっそりとして寂しい感じもしました。扇沢バスターミナルに無事下山して《解散》ありがとうございました。
 蛇足になりますが、解散後は新穂高温泉に戻って車中泊後、雪山では敗退した「乗鞍岳」に単独でのんびりと登てきたオマケ付きでした。




[864] 花の百名山、平標山へ

投稿者: カトリーナ  投稿日:2021年 9月 5日(日)14時40分13秒   通報    編集済

平標山はお花の百名山です。
初夏の頃がお花がいっぱいですが、夏の終わりから秋口のお花畑もなかなか素敵です。
白い花はウメバチソウ。紅白の花はイワショウブの花です。白から赤く染まり長く楽しめます。
爽やかな風の中を気持ち良く平標山ノ家に下りました。

http://machida-grouse.com/



[863] 表銀座を縦走

投稿者: カトリーナ  投稿日:2021年 9月 5日(日)14時20分19秒   通報

8月の始め表銀座(常念山脈)を縦走してきました。
好天に恵まれ大展望を楽しむことができました。
常念岳を下ってから蝶が岳に向かう時が、熊も出るし高山病の症状も出るし一番きつかったぁ~。
槍の存在感は半端ない。

http://machida-grouse.com/



[862] 鷲ヶ峰から八島湿原

投稿者: iwakagamikeiko 投稿日:2021年 7月26日(月)20時10分47秒   通報

青春18きっぷを使用し和田峠より車山を目指しましたが、奥霧小屋付近で激しい降雨に見舞われコースを変更し霧ヶ峰インターチェンジに向かいました。霧鐘塔では先ほどの雨がうそのようでした。行程中はニッコウキスゲ以外にもカラフルな花々を堪能でき満足でした



[861] 甲武信ヶ岳

投稿者: 和ちゃん  投稿日:2021年 7月18日(日)23時14分12秒   通報

甲武信小屋にて今月お誕生日の
よういちさん(小屋の人)に
山小屋ファンの方がケーキを持って来て
宿泊者の皆んなでハッピーバースデーを
歌って祝いました。

徳さんのお誕生日は
11月だそうです。



[860] 乾徳山で岩稜歩行訓練

投稿者: カトリーナ  投稿日:2021年 7月14日(水)16時26分26秒   通報    編集済

岩稜歩行訓練で乾徳山に行ってきました。
途中の岩が2つに分かれている髭剃岩では、2年前の山行の時、Iさんが奥まで入れなかったので、今回、我々もトライしてみました。
全員先端まで進めたので、スマートであると証明されました。
後から一人で登ってきた勇気ある若いママさんに写真をお願いしました。
久しぶりに2,000m以上の山なので達成感がいっぱいです。
手前の山は、黒金山(山梨百名山)、奥が甲武信岳です。

http://machida-grouse.com/



[859] 西丹沢・地蔵平周辺

投稿者: yoko2 投稿日:2021年 7月13日(火)18時58分17秒   通報    編集済

7/11丹沢の鳥類・生物に詳しい方と西丹沢・地蔵平周辺を探訪する機会がありました。
鳥のさえずりを聞いて狙いを付けた望遠レンズの先にはその姿が見られました。ノスリとトビはほぼ同じような所で見られるがその違い、ウグイスは丹沢のどこでにでも生息していると思われているけど、菰釣山周辺には居ないこと。オオルリの姿は3回見かけたけど、エサをくわえて訴えるように鳴いているのは巣が近くにあり我々にその場を立ち去って欲しいとのこと。カラスアゲハが水溜りで水を飲んでいるのは体を冷ますのと同時にオシッコをしているとのこと。などなど。



[858] 自然観察山行 尾瀬・至仏山

投稿者: ヤス 投稿日:2021年 7月 6日(火)17時01分22秒   通報

尾瀬ヶ原では、初めてマイサギソウの花を確認しました。至仏山にも久しぶりに登りました。この時期には、サクラソウ科のユキワリソウが咲きます。登山道が整備されて、個体数が増えてきているように感じました。ホソバヒナウスユキソウやジョウシュウアズマギクは蛇紋岩地ならではの植物です。オゼソウやムラサキタカネアオヤギソウは少し地味ですかねぇ。尾瀬植物手帳(猪狩貴史 著)が参考になります。ミズバショウやニッコウキスゲばかりが尾瀬の花ではありませんね。


772件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.