グラウス掲示板(会員専用)

            グラウス会員の活動を紹介する会員限定の掲示板です。



600件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[692] 立山・剱岳山行

投稿者: としぞう 投稿日:2019年 7月19日(金)00時02分43秒   通報

7月12日夜行~15日にかけて昨年の都連ハイキングリーダーコース卒業生メンバー6人で立山から剱岳に行ってきました。13日朝に室堂に到着。初日は立山を縦走して剣山荘までの行程で、晴れ間も出て室堂のパッチワークのような残雪や雲間から見える槍ヶ岳などを楽しむことができました。2日目は天候が悪く(小雨)、残念ながら剱岳アタックは断念しました。剣山荘から雷鳥荘までの雨具での行動となりましたが、途中で剣御前に立ち寄ったこともあり多くのお花(ハクサンイチゲ、チングルマ、コバイケイソウ、シナノキンバイ、アオノツガザクラ、アカモノ、ミネズオウ、イワツメクサなど)や雷鳥(親子)に出会うことができました。3日目は朝から好天で、室堂の散歩を楽しむことできました。
今年は例年に比べ雪が多いようで、剱御前小屋から剣山荘まで残雪の長いトラバースがありますが、軽アイゼンで安心して歩けました。
剱岳は好天の時をねらって再チャレンジしたいと思います。



[690] 奥秩父 釜ノ沢

投稿者: ま*さ* 投稿日:2019年 7月18日(木)11時59分45秒   通報    編集済

梅雨の合間を縫って、行ってきました!
増水の状況はそれほど厳しくなく、下流部は巻道がとても歩きやすく、流石人気のルートでした!
滑は素晴らしく、増水が楽しさを水増ししてくれました(笑



[689] 19年度 登山学校 テント泊

投稿者: オダマキ 投稿日:2019年 7月14日(日)22時42分4秒   通報

登山学校の締めくくりとして天狗岳へ。黒百合平でテントを設営後、2日目に予定していた天狗岳へ登りました。山頂は生憎ガスが出ていましたが、無事登頂を果たすことができました。夜中雨脚が強くなることがありましたが、ラッキーなことにテント撤収時には雨はほとんど止みました。雨の中での初めてのテント泊。今後少々の雨でも大丈夫との言葉も聞かれました。今後のテント泊の予定も決まりました。楽しみです。



[688] 新茅ノ沢で沢始め

投稿者: 鈴木次女  投稿日:2019年 7月13日(土)20時29分32秒   通報    編集済

梅雨時に丹沢の新茅ノ沢に行ってきました。アプローチも詰めもほとんど無く楽しい沢です。最後の写真のF5はシャワークライミングでびっしょりになりながら、頑張って練習しました。



[686] 三つ峠の花

投稿者: ヤス 投稿日:2019年 7月 3日(水)10時32分52秒   通報

先日、三つ峠でのアツモリソウ保存活動に参加してきました。成育地に蔓延っているテンニンソウの除去が主な仕事でした。キバナノアツモリソウやヒメムヨウランなども確認できました。 投稿671で、クロユリとあるのは、ミヤマハンショウヅルのようです。他の会員から、「違うよねぇ。」と言われたので閲覧してみました。



[683] 西丹沢/モロクボ沢・水晶沢

投稿者: yoko2 投稿日:2019年 6月19日(水)16時34分42秒   通報

梅雨の晴れ間、西丹沢/モロクボ沢~水晶沢~雷木沢右岸尾根下降とグルっと回ってきました。
降雨後の水流は豊富でどの釜もキラキラ輝いて美しい。「このコースが登り易そうだね。」と言いながらそれぞれ好きなルートを取りながら、フリクションを効かせて気持ちよく登る。他の登山者には全く会うことのない、静かな一日でした。



[682] 太刀岡山・左岩稜クライミング

投稿者: ちょう 投稿日:2019年 6月18日(火)10時50分32秒   通報

クラック練習で太刀岡山左岩稜に行って来ました。クラックのカムサイズ選択、クラック形状での身体バランス等思い通りに進まず。クラック登攀の回数を増やす必要がある事を痛感する。クライミングの幅を広げるはクラッック練習は必須課題と捉え気持ちを新たにしました。後半の岩稜帯は高度感もあり楽しく登攀できました。



[681] 「グラウス登山学校・読図山行」実施

投稿者: yoko2 投稿日:2019年 6月17日(月)17時00分43秒   通報

2019年度「グラウス登山学校・読図山行」で西丹沢・西沢左岸尾根(仮称)を歩いてきました。
受講者4名にスタッフ3名の合計7名。予め机上講習で読図の基礎を学習して、ルートを読んで、ロープワークは自主トレで予習をしてからの本番。短いながらコンパクトに渡渉・ヤセ尾根・急登・作業道・枝尾根分岐・ザレ場・そして手つかずの自然林の美尾根・・・等がオンパレードに出てきます。しっかりと地図を読んで、コンパスを合わせて、高度も確認して・・・のはずでもちょっとおしゃべりをしていたら小さい尾根分岐を見逃して登り返しもあり。当初予定の尾根先端への下降・渡渉は水量が多くて難しそうなので、少し手前から読図で下降。時間もたっぷりあるので補助ロープにシートベント・カラビナを使って半マストでの下降の訓練も。最後には予定より1時間早いバスに乗れそうなので頑張ったら西沢の渡渉を間違えてしまい、無駄な渡渉のオマケまでありました。。。梅雨の晴れ間の貴重な一日、爽やかな青空と濃い緑に染まる、一般登山道とは違った「グラウス登山学校・読図山行」でした。



[680] 天城山はシャクナゲもヤマツツジも見事でした。

投稿者: カトリーナ 投稿日:2019年 6月11日(火)13時03分33秒   通報    編集済

天城石楠花を見に万二郎~万三郎を歩いてきました。
石楠花は終盤でしたが、鮮やかなヤマツツジの大木が延々と咲いていました。
それはそれは見事でした。
今月下旬には、天城ツツジも開花するそうです。

http://



[679] 沢女4名でヤタ沢遡行

投稿者: yoko2 投稿日:2019年 6月 6日(木)15時49分12秒   通報

梅雨入り前の30℃越えの今日、沢女4名でウラ丹沢・神ノ川ヤタ沢を遡行してきました。
初級の沢ながら次々と現れる小滝はどれも・これも美しく、登るのは楽しい。堰堤越えには本日のオダマキリーダーがロープを出して半マストで確保。そしてみんな水流を積極的に攻める元気印ばかり。太陽の光を浴びてキラキラ輝く流れも釜もとても素敵。しかしあっという間に林道に到着してしまい、そのままヤタ尾根を下降。楽しい半日の沢遡行を満喫してきました。


600件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.