グラウス掲示板(会員専用)

            グラウス会員の活動を紹介する会員限定の掲示板です。



424件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[432] 有明山(信濃富士)

投稿者: のんころ 投稿日:2018年 6月20日(水)14時31分18秒   通報

安曇野では古来から「信濃富士」と呼ばれ地元の人々にはなじみの深い山。しかし北ア・燕岳登山口のすぐそばから登れるにもかかわらず、いや、すぐそばにあるがゆえにか、登山者の少ない有明山に登ってきました。
初日は登山口近くの有明荘に宿泊。おいしい夕食と素敵な温泉でのんびりし、翌日の登山に備えて英気を養いました。
朝4時半、まだ、気温が上がる前に出発したのが功を奏し、暑さに苦しめられることなく快適に登れました。登山道は急登の連続。木の根が露出して滑りやすく、壊れかけた梯子やいやらしい岩場のトラバースも数か所かあり、燕岳の合戦尾根よりはるかに厳しい道でした。その分、長い樹林帯を抜け出し、お社の建つ有明山北峰に飛び出した途端、目に飛び込んできた素晴らしい大パノラマに大感激!幾度となく歩いたことのある燕岳~大天井岳~常念岳の稜線や白馬の山々、そして眼下には雲海。北峰から奥社の建つ南峰まで歩を進めると、今度は富士山、南ア、八ヶ岳の山々。次第に雲海が途切れてくると、安曇野の町を見下ろすこともできました。たっぷりと時間をかけて山頂からの景観を楽しんだあとは、ひたすら急降下。滑りやすい木の根を踏まないようにすると足の置き場がなく、とにかく慎重に下りました。
下山後は再び有明荘の温泉で汗を流し、登頂の成功を祝ったのでした。



[431] 一ノ倉沢 衝立岩中央稜

投稿者: 鈴木次女  投稿日:2018年 6月19日(火)08時51分15秒   通報

威圧感たっぷりの谷川の一ノ倉沢は、自分にとってクライミングやバリを始めた時からの第1目標でした。凄い落石群や雪渓のブロックが崩れる音が鳴り響く中、不安定な濡れた岩を登攀したり、下降して来られたのはお付き合いして下さった方々のおかげです。



[430] グラウス登山学校・読図山行

投稿者: yoko2 投稿日:2018年 6月17日(日)21時12分50秒   通報    編集済

グラウス登山学校・実践読図山行で西丹沢「西沢左岸尾根(仮称)」へ。6月の新入会員を含め、コンパス・地形図・高度計を使うのはホヤホヤのメンバーとジックリと周囲の状況を確認しながら歩いてきました。踏み跡もマーキングもないバリルートながら、短いコースだったのでゆっくりと時間をかけて行えました。きっとしっかりと覚えてくれたことでしょう。今後が楽しみです。



[429] 西丹沢 鬼石沢 沢登り

投稿者: K子 投稿日:2018年 6月17日(日)18時58分37秒   通報

天気予報は曇りのち雨、岩稜ハイキングは雨で中止となり、沢ならどうせ濡れるからと有志で沢登りへ行ってきました。低気温を心配しましたが予想外に暖かく、ガスっているのも神秘的で、滝ありナメあり面白いチョックストーンあり、皆でルートファインディングしながら楽しく沢登りを堪能できました。



[428] 35にまつわる山

投稿者: カトリーナ 投稿日:2018年 6月14日(木)23時47分21秒   通報    編集済

茨城県城里町の赤沢富士2座と朝房山で朝ヨガを楽しんできました。

35周年のふれあいの里のキャビンに宿泊しましたが、スタッフの対応がとても素晴らしかった。

摘みたての大粒ブルーベリーで素敵なお・も・て・な・し、キャビンのドアを開けたら、

ウエルカム・メッセージのサプライズ!心憎い演出にメロメロです。

朝房山へ同行してくれたインストラクターの熊谷さんは、お寺でヨガもされているとか。

ザックを枕にゴロンと横になり木々の間から空を見た時は本当に気持ちが良かった。



[427] 西丹沢・ヤビキ沢

投稿者: yoko2 投稿日:2018年 6月14日(木)11時53分24秒   通報

今年の沢始めは西丹沢・ゴーラ沢出合からゴーロ→ナメ→ザレの「ヤビキ沢」へ。グラウスの沢女・鈴木長女と元気印・鈴木次女との同行で。短いながらも久しぶりのナメ沢歩きは気持ち良かった!持参したロープや沢グッズの出番は無く、源頭部の歩き難い涸沢は急登の尾根に逃げてテシロの頭へ。下山路、石棚沢・ヤビキ沢中間尾根は一部悪路もあるもののRFも必要なバリルートで自然林の美尾根もエンジョイ。帰路に中川温泉「ぶなの湯」に立ち寄り、更に夜は「ハイキングスタッフ会議」に出席して日付変更前には無事に帰宅しました。



[426] スケッチ 山歩き

投稿者: P子 投稿日:2018年 6月12日(火)02時00分58秒   通報

湯沢ロープウエイから米子沢と雲天周辺で楽しみました。



[425] 奥秩父東のナメ沢(越後ジロトへの道その2)

投稿者: 沢ヤカ男 投稿日:2018年 6月10日(日)12時44分7秒   通報

2018年6月9日
越後ジロト対策第2段は、東沢の大スラブ東のナメ沢に。落差300mのスラブ滝を5~6ピッチで登攀し一の沢へ。さらに奥にツメましたが、10m級のスラブ滝が幾つかあり、高巻きの勉強ができるルートでした。蒸し暑い一日で熱中症対策も兼ねることができ、メンバー全員参加型遡行で各自レベルアップできたと思います。沢の季節到来か道の駅はテントの花でした。

https://ameblo.jp/9000224/entry-12382654339.html



[424] 富士山

投稿者: zen 投稿日:2018年 6月10日(日)06時19分48秒   通報

梅雨入りし台風5号の影響も心配されましたが、下部の市街地は雲海、上部は快晴の絶好の登山日和となり、交通規制前で雪渓が残る富士山を富士宮ルートから往復してきました。残雪は9合五勺以上に一部残っていますがが、登山道はノーアイゼン・ツボ足で登下降できました。頂上浅間大社奥宮周辺では重機で雪かきをしていた。



[423] モロクボ沢

投稿者: 鈴木三女 投稿日:2018年 6月 9日(土)21時16分48秒   通報    編集済

梅雨の晴れ間にモロクボ沢へ行ってきました!
BGをはじめ、沢の大先輩に指導していただき、新しい気づきもあり、非常に勉強になりました。
ツメもなかなかで、ハードでしたが、楽しかったです
(^〇^)


424件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.