呪いの王国


カテゴリ:[ 恋愛/相談/占い ] キーワード: 呪い 占い 黒魔術


新着順:24/2209


[25305] 神の祝福を受けた、究極の癒しの羽ジナルファルノグ、穢れを祓う光りの石アルティメット、聖なる運気に導くミラクルストーンジナルファルノグ、MICHAELの石ジナルファルノグが届きました。

投稿者: 幸奈 投稿日:2018年10月 5日(金)16時50分59秒   通報   返信・引用 > No.25157[元記事へ]

神の祝福を受けた、究極の癒しの羽ジナルファルノグ、穢れを祓う光りの石アルティメット、聖なる運気に導くミラクルストーンジナルファルノグ、MICHAELの石ジナルファルノグが届きました。届いてはじめて手に触れた時の感想ですが、生まれてこんなに涙が止まらないかったのはじめてです。母が一緒に開けてくれたのですが、母まで泣いてしまって、二人で20分くらい泣いていました。今まで抑えていた苦しみや、両親にも言えなかった孤独の気持ちとかが一気に解き放たれような感覚になり、私を苦しめていたなにかがフワッと重みがなくなり、何故が気分が楽になってきたのです。それからは急に眠たくなってきて1時間ほどお昼寝をしたのですが、その時の夢が鮮明に覚えていてMICHAEL様のような大天使が私の頭を撫でてくれたような内容でした。ずっと眩いくらいの光が放たれていてびっくりしました。アイテムがベッドの横にあったお陰なのか、あんなに鮮明に覚えている夢もはじめてで、泣いたことや夢のこと、両方とも私の人生観を変えるほど強烈な体験になりました。それから毎日家族でアイテムをリビングに置いて、家族の会話を楽しんでいます。父も今までとは違って笑顔が増えてきていて、アイテムをもう一つ余分に購入して自分の病院におこうと言っているくらい気にいってくれています。いまも担当者のかたとはメールを続けているようで、私よりもメールの回数が多いようです。それほど私のことを考えてくれたことも両親に感謝しています。それから草津さんから教えて頂いた方法で、アイテムに名前をつけてみようと思います。今夜父たちが帰ってきたら、相談してみたいです。ひとつは私が小学校の時に飼っていたインコの名前をつけたいと思います。大切にしていたインコなので、アイテムも同じようにして大事にしていきます。


> 幸奈さんのご両親は、仕事がご多忙にも関わらずこれほど幸奈さんを支え、愛情深く、そして幸奈さんのことを大切に想われているのでしょうね。心の病気だけはどんなに医療が発達していても早々簡単には治りにくく、外科的な病気よりも複雑なことだと思います。だからこそ難しい問題だから神秘に懸けてみるしかない時があるんです。私もそうでしたから。神頼みは逃げているように思われるかもしれませんが、呪いの王国さんは心の傷みきった傷口に優しく手当てをしてくれて、治癒してくれるので、幸奈さんもあと少しで元気になってきますよ。アイテムはもうそろそろですよね。私もアイテムはいまでも大事に大事にしているので、幸奈さんもそれぞれに名前をつけてあげるといいかもしれませんよ。私は子供みたいに名前をつけています。
>
>
> > 父も母も、父は自分の病院に勤め、母は大学病院で長年部長と病院教授というのをしているので、どちらも忙しく一緒に食卓をとることなど、小さい頃からありませんでした。住み込みの家政婦さんと平日は食べて、週末もどちらか片方は学会や、付き合いで外食したりして、家にいることが少なく、家庭らしさが全くなかったのです。私は愛情不足のことがあったり、学校でも馴染めずにすぐにやめてしまい、家でネットゲームにはまったりと自堕落的な生活をしていました。もう生きていてもしかたないと思っていましたが、こちらのサイトを私以上に父が信頼するようになってきて、私も最後の望みとしてここで再生を願いたいと思いました。父は救済というものは必ずあるはずだから、ここでなら助かるはずだと言ってくれています。私も父が頼もしくみえて、こんなに一生懸命になってくれたのは生まれてはじめてみたかもしれません。最近、父と母と夕食もとるようになってきていて、今までと変化がでてきています。まだアイテムは届いていませんが、担当のかたが言うには、アイテムを創り始める時点で、白魔術の儀式をおこなって、所有者となる人に神様の祝福がくるので、アイテムが届く前から変化はでてきますよと言われていました。もしかするとそのようなことも関連して今のような穏やかな時間になっているのもと思うと、アイテムが届くともっと希望が持ててきました。
> >
> >
> > > お父様はきっと幸奈さんを心から愛しておられるはずだし、幸奈さんが苦しむ姿をみたくないから、必死な気持ちで神様に頼むようにして、呪いの王国さんに全てを託されたのだと思います。私も自分自身の命を呪いの王国さんにすがるようにして救いを求めました。幸奈さんのご両親はお父様、お母様ともに医師という立場なので、非科学的なことは受け入れ難いかもしれませんが、呪いの王国さんは、科学では解明できない、解決できないようなことに手を差し伸ばしてくれます。現に私も鬱病を全く発症してませんし、薬物治療もせずに元気に過ごせています。アイテムが早く届くといいですね!それまではお父様と相談しながら呪いの王国さんを頼ってみてください。
> > >
> > > > 父もこちらのサイトを信頼したようです。父は非科学的なことは大嫌いで、神社にもお参りをすることはありませんでしたが、私がずっと塞ぎこんだり命を絶とうとしていることを胸を痛めていて、母もそのことで精神的に弱っていました。でも父も母も医者として立派に勤務していて、一度も休んだことがないのです。ただ、私は、私の側にいないことや、淋しさなどもあって自暴自棄になっていたりしました。父と母も私には感心がないのかなと思いこんだりもして、いつ消えてもいいと考えたりもしていました。こちらのサイトを父が信じてくれたこと、このことも私にとって信頼につながりました。呪いのこととか、神道のこととなど、何も知りませんでしたが、これから少しずつ知っていこうと思います。父も医師という立場を通じて、神様のことを知ってみたいと言っていました。まだアイテムもなにも手元にはないので、まだ気分は落ち込んでいたり、動悸もしたりしていますが、アイテムをこの手で触ってみて私の心を癒してほしいです。
> > > >
> > > >
> > > > > ご両親が幸奈さんのことを愛しているからこそ、呪いの王国さんに任せようという気持ちになったのだと思います。呪いの王国さんには私も重度の鬱病から救ってもらい、腐りきっていた心を、清らかに流れる川のように変えて、生きる力が湧いていたことや、今でも迷いがなくなったことなど感謝することばかりだったので、私は呪いの王国さんを信頼しています。でもお父様が怒られるのも間違っていないことだと思います。呪いなんて書いていたら警戒するのは当たり前で、どんな人でも身構えます。でも歴史を辿っていくと、呪いは神社の神道などとも密接した関係があり、決して悪いことばかりではなく、人の苦悩が呪いを使うほど追い込まれているならば、それによって救われることもあることを知るべきだと思います。私もそうでしたが、苦悩が張り付いていた時は生きることがつらくて、朝がくるのが嫌でした。幸奈さんのご両親がアイテムを選んでくれて、呪いの王国さんと円満に話しが進み、幸奈さんが元気になってくれたら私も関わったものとして嬉しいです。
> > > > >
> > > > > > 草津さんが経験されてきた苦悩や、このサイトで鬱病が完治されていることを両親に伝えたら、まず父に一喝されて物凄い剣幕で怒られたのですが、父がこのサイトの掲示板を夜中にずっと読んでくれたらしく、翌朝になって、父が直接申し込んでくれることになりました。いま直接父がこちらのサイトとメールで相談を交えているようで、私に必要なアイテムを選んでくれています。父ははじめは呪いという言葉に激しい怒りを感じたみたいなのですが、掲示板で色んなかたがいることや、医者の両親にも解決できないこと、そして心療内科でも解決できなかったことを、どんなかたちであれ娘の私を救いたいという願いがあったようです。両親のことを考えると、もうちょっと生きてみようとも思えました。いまはアイテムを早く選んでくれないかと望んでいます。
> > > > > >
> > > > > >
> > > > > > > 幸奈さんが自殺を考えている気持ちは、私には理解できます。私も同じように苦しんでいたし、死の影から逃げれることはずっとできなかった。私の場合は鬱病は学生時代から感じていてずっと違和感が心にありました。特に季節の変わり目は鬱が酷くなりアトピー性皮膚炎のように身体にも影響がでて、全身が真っ赤になるほど悲鳴を上げることもありました。幸奈さんは幸いなことにお医者さんのご両親が助けになってくれるようなので、一度呪いの王国さんのことを話してみて、ご両親が納得いかなければ、別の方法で助けを求めるしかないかもしれませんが、もしご両親が理解をしてくれるようであれば呪いの王国さんの力を信じてみて、心の傷を癒すことは間違っていませんよ。私も呪いの王国さんがずっと支えてくれたから、鬱病の完治ができて、こんなに元気になって暮らすことがでています。幸奈さんも希望は失わないでまずはご両親と話し合ってください。
> > > > > > >
> > > > > > > > 私も自殺考えています。もう生きていたいくないです。でも死ぬのも怖くて、先日も自殺掲示板というところで自殺希望者に申し込んだのですが、途中でこのサイトを見つけて、まだ私も救われるのではないかとかんがえはじめました。心がもうどうしようもないほど傷みがあったも救われますか??毎日外に行くこともできません。今の私の立場はニートで両親の家で閉じこもっています。両親とも医者なのでお金はあるのですが、私は大学も退学してしまったし、就職期間も1年だけなので社会経験がありません。こんな立場でもなんとかなるのでしょうか。
> > > > > > > >
> > > > > > > > > 頭からつま先までいつも鬱病による心の痛みを感じ苦しみ続けていました。心の中では常に自分を切り刻んだり、燃やしたりすることを考えてもいました、自殺したいと。それほど追い詰められていました。人に話すと狂っていると思われるでしょうね。拷問のような苦しみを終わらすべく、最後に呪いの王国さんに、もしこの心の痛みを消し去ってくれるなら、救ってほしいとお願いしました。呪いの王国さんは一生懸命に話しを聞いてくれて何度も私の相談にのってくれて、私に必要なアイテムを提案してくれたのですが、私ができうる範囲で揃えてみました。完治まで1年半かかりましたが、いま私は自殺のことや妄想も全くありません。鬱病も発病しておらず、生き生きと生活できています。心が狂っていてどうしようもなかった私をこんなに元気にしてもらえたことありがとうございました。


新着順:24/2209

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.