呪いの王国


カテゴリ:[ 恋愛/相談/占い ] キーワード: 呪い 占い 黒魔術


新着順:16/3030


[63150] Re: 真の幸せとは

投稿者: ダンテ 投稿日:2021年 6月26日(土)10時10分39秒   通報   返信・引用 > No.62815[元記事へ]

はじめは誰しもわかりません。無の状態から知識が深まり、その過程で神や悪魔への探求も湧いてきます。知れば知るほど物事は単純ではなく、複雑に絡みあっている、通常の概念だけでは計り知れないもので、広大で絶え間なく流転する世界です。

> エネルギーフィールドまで理解している人は少ないかもしれませんが、目に見えるかたちだけでなく、潛心して神秘に触れていくと、見えなかったものが見えてくるように変化しました。抑圧されたものを解き放ち、精神を自由に満ち足りた状態にできたことで光に照らされいるかのようです。
>
> > 呼吸法から超越瞑想を実践することで真理を悟ることもできます。神具、魔具エネルギーが高まる度に遺伝子の情報が強化され、細胞の構造が活発になり限界を超えていくことがわかるようになりました。エネルギーフィールドは環境と同様に、汚染されやすいものですが、汚染が続くと手の施しようがなくなり、もはや負の連鎖を繰り返すのみになります。食い止めるにはエネルギーのバロメーターを増やせば浄化されます。
> >
> > > 膜を破る感覚を私も経験済みです。剣道でも使う丹田呼吸や、ヨガのカパラバティなどの呼吸法で体感するものを遥かに昇華させたのが神具、魔具で感じるようになれました。少し鍛錬も積みましたが、一定のグレードから安易におこなえるようになりました。
> > >
> > > > 心を沈潜させて、神や悪魔の次元が異なる力を求めていくと、身震いするほど奮い立されます。理性、人格性,悟性,意志,意志の自由,自己意識,優越性とあらゆるものが自らに覆われた膜を破るように超越していくのを、神具、そして魔具が役割を果たしてくれます。
> > > >
> > > > > 不条理な出来事や、社会の理不尽な格差は苦学生だった頃に感じていました。だからこそ壁にあたりもがいていました。人間の力だけは立ち向かえないこともあり、埋めれない格差や、想像もつかないような問題との対峙は、神具と魔具だけが頼りだといまは納得できます。もっと早くにこれらを知っておきたかった気もしますが、扱うことができて私は幸せです。
> > > > >
> > > > > > 神具も魔具も、扱い方次第で不可能はなくなります。勘違いをおこしやすいのが、人は不幸にも生まれる前から不平等で、親、育ち、環境において格差があります。超富裕層のユーザーのかたが書き込みをされてましたが、其々生まれ持った運気に能力もあるので、その穴埋めを先ずはしていき、正常値を目指して、正常値を超えたら、今度は、さらなる高みを求めていけば、理想を遥かに超越していけます。これが大成功してる人の真理かもしれませんね。穴埋めできない、不平等な生まれや育ち環境をも、神具と魔具は穴埋めしてくれ、頂上を求めていけば、不可能はなくなります。
> > > > > >
> > > > > > > シグナルを感じるまで私は時間がかかったのですが、今は感じる機会が増えているのが明確にわかります。ダンてさんが仰るように価値観も変わることも同感です。思考に磨きがかかり、あらゆる面で伸びているようです。そのことで仕事でも有利になることが増えています。
> > > > > > >
> > > > > > > > FTさん。世の中殆どの人は惰性で生きてしまい、加齢の途中で生きる目的も見失い、感情も薄れていき、寂しい老後を過ごします。仕事でもそうですが、資産を持たないまま年をとっていけば、自ずと選択の幅は狭まります。恋愛もそうですが、愛を注ぐ対象がいないと生きていることすら苦痛になり、ただただ時間だけが過ぎます。でも、愛とは異性だけでなく、親族への愛や、恩師への愛、または動物、植物への愛など愛に制限はありません。このことに気がついたのはこちらの神具、魔具で極限の可能性を拡げていこうと決意したから、価値観そのものの変革がおこなえています。見えないものが見えてくる喜びもあって、まるで強力なシグナルのようなものが発しられているかのように、導きを感じます。
> > > > > > > >
> > > > > > > > > ダンテさん、マットさん、途中参加申し訳ありません!FTと申します。誰でも眼を背けたくなる時はあります。でもね、逃げていると未熟なまま年だけとり、そのまま一生を終えて哀れな生き方になってしまう。恋愛なら間違った相手と結婚して、浮気されてしまったり、自分が浮気してたりです。心から愛した相手といれる喜びを感じたいではないですか。私は恋愛でも、仕事でも後悔したくはないので、神具と魔具で活路を拓いています。
> > > > > > > > >
> > > > > > > > >
> > > > > > > > > > 以前の私はすぐに諦めやすく、問題から目を背けて逃れよう逃れようとしていましたが、マットさんと同じように、粘り強さを身につけました。神と悪魔を受け入れたからこそ、社会の誤った常識から解放され、間違いなく幸福を手に入れることができることになれました。
> > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > 真の自分を見詰める、粘り強さは時として試練に出遭い、周囲は敵ばかり、自分を理解できる人間は数少ない。羊や蟻のように群れで集団をなす人間ではなく、限りなく少数派でありたいです。誰に何を言われようが、自分を貫き神秘性を求めていきたい。
> > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > >  >常識の枠から外れて、神と悪魔を求めることで、私は真の自由を手にしましたよ。羽根が背中に生えたように、気分がいいです。
> > > > > > > > > > > >
> > > > > > > > > > > >  >神秘性に興味がない人たちは不適切と思う部分を抑圧して生きている。美しい感情の全てを切り離して生きてますが、それは空虚であり、屍のようである。神秘性を受け入れて、自然と一体化し、闇と光に通じる時、新しい自分になれ、生まれ変わることができるのです。


新着順:16/3030

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.